火曜日, 9月 30, 2003

Amazonとgoogle

☆だいたい、Amazonは単なるecサイトじゃだめなわけ??

Amazon.comとGoogleの交わした契約が、マスコミをにぎわせている。Googleの検索エンジンの技術と「AdWords」と呼ばれるキーワード広告サービスを、Amazonに提供するというもの。

Googleの提供する検索エンジンは、Amazonが自社サイト内で使っている独自の検索システムをリプレースするわけでなく、補完の役割。
例えば、本を買おうと思ってAmazonに来た人がコンサートに行きたいと思ってチケットを探すときにgoogleで検索できるというもの。
もちろん、Adwordsでチケット会社が引っかかればgoogleはここで
儲けることができる。

これはamazon.comだけのものでco.jpではまだ運用されていない。
ただ、googleツールバーがある人にはどうでもいいことかも。


それより!
ECサイトがチェックすべきは、googleのFroogle!
google.comのサービスのひとつでecサイトに売ってるページを一挙に検索できるすぐれもの。
それも、yahooオークションなんかのページもひっかかるから
オークションサイトは日本でこのサービスが使えるようになったら
要チェックじゃないかと思う。。
これを使えば、単なるメーカーサイトとkakaku.comを見比べたりするなんてこと以上に簡単に、一番安く買えたりするってこと。
でも、googlejapan的には日本語バージョンをスタートさせるか・・
という問いには
 「日本語バージョンをリリースできるデータセットはない。でもFroogle の検索結果に、各国のショッピングサイトの製品を表示できるように作 業を進めているところだ」
だとか。