月曜日, 9月 22, 2003

PPC広告の行方

●OvertureをWebマスターたちが応援するワケは?

--------------------------------------------------------------------------------


 米OvertureのWebサイトによると、Overtureの広告はGoogleのAdWordsよりも高いコストパフォーマンスを保っているという。Overtureの言い分は、こうだ。「独立系のマーケットリサーチ会社であるcomScoreの最近の調査で、OvertureのPPC広告モデルはGoogleのAdWordsよりもコストパフォーマンスが高く、きわめて高い利益を生み出すことができることがわかった」。この結論は、2002年9月に行われた英語圏のPPC広告を調査した結果、判明した内容だという。

 オンラインショッピングサイトへのGoogleからのトラフィックの78%は、Google AdWordsからではなく、Googleの純粋(オーガニック)な検索エンジンの検索結果からのものだという。この調査では、純粋な検索エンジンからのトラフィックは無視し、広告型検索エンジンからのクリックだけを調べた。

 ニールセンがやっているようなテレビの視聴率調査と同じ手法で、5000のオンラインショッピングサイトに集まってくるトラフィックを分析した。調査は昨年9月。OvertureとGoogleのPPC広告をクリックしたユーザーのデータを収集し、その結果、次のようなことがわかった。第1に、Ovetureの広告が1000回クリックされた場合、Googleが1000回クリックされた場合の2倍の収益を生み出す。第2に、OvertureのコンバージョンレートはGoogleよりも30%も高い。コンバージョンレートというのは、同じトラフィックがあった場合、その中で実際に購入や登録を行う人の割合がどの程度かという数字だ。comScoreの調査によると、AdWordsのコンバージョンレートは2.0%。対してOvertureは2.6%だったという。

 Google AdWordsについてはさまざまなPRが行われており、Overtureのビジネスを凌駕している雰囲気もある。だがPPCに経験の深いオンラインマーケティングの専門家たちの意見は、必ずしもそうではない。今回のcomScoreの調査結果は、OvertureのWebサイトでリリースされているものだから、そりゃそれなりのバイアスがかかっているというのは考慮しなければいけない。しかし、それにしても「OvetureならGoogleの倍の収益を上げることができる」というのはかなり興味深い結論だ。実際、僕が以前会ったWebマスターも、Ovetureの方がGoogleよりもコンバージョンレートが高いと言っていた。

 Overtureにはほかにもメリットがある。ひとつは、Googleよりも検索結果ランキングの順位をクライアントの側がコントロールしやすいことだ。Googleがクライアントから支払われた料金とクリック率の双方を考慮して検索結果ランキングを算出しているのに対し、Overtureは単純に料金だけでランキングが決定する。いちばん高いカネを払った人が、いちばん高い順位をゲットする。単純だ。

 もうひとつのメリットは、Overtureの方が検索結果の見出しが長いことだ。英語版のGoogle AdWordsは、タイトルに25文字、内容の説明に70文字までしか認めていない。これがOvertureでは40文字と190文字になる。文字が多い方がたくさんの内容を盛り込むことができて、サイトに誘導しやすいと考えるWebマスターは少なくないようだ。

 そんなわけで、Overtureには注目が集まっている。MSNがOvertureとの提携を続けているのも、そのあたりに理由があるのかもしれない。

internet.watch