水曜日, 4月 28, 2004

成長の理由


ヤフーと楽天、Web 全体の平均成長率を上回る伸び——ネットレイティングス調査

によるとインターネット利用者数等の成長率は伸びつづけている。
特に、yahooと楽天の利用成長率はネット平均値(115%増)に比べ、5〜7%高い。

ネット人口の増加は初心者ネットユーザーが増えたということ。ネットを使い始める
目的は話題のyahooオークションや楽天でのネットショッピングといった有名かつ
興味を引くサイト。数%平均値より高いからと言って驚くようなことでもない。

yahooは元々ポータルと言う性質上広告収入のシステムは充分にある。
では、楽天は?
出店者を増やすことに集中していて、出店者以外の広告は受け付けない。
出店者からの基本出店料やシステム利用料、メール配信料、広告料金で成り立っている。
Biddersのように、
一般広告を受け付けたら相当な収入になるかもしれません。出稿を希望する企業は
膨大にいるはず。

三木谷氏が考えていないことは無いと思いますが、
では、何故、しないのでしょう?

木曜日, 4月 22, 2004

flashは、新しい広報(広告)ツールになるか?

ネットで噂のBurger Kingが仕掛けた「Subservient Chicken」
もうアクセスしましたか?
ご当地アメリカでは大評判でアクセスが爆発的に伸びているという。
日本でもある調査で”Subservient Chicken を楽しいと思った人のうち、
83%が友人に教えたいと思った”
とのこと。

アクセスして数分いじってみたが私にはあまり面白くなかった。というのは
これがflashで出来ていてある程度作りこみの時点で、想定される”コマンド”に
対するモーションを撮影&設定したということがわかっているからだ。
私の入力したいくつかのコマンドにニワトリ君はちゃんと対応してくれた。
なあんだ 私の思考もフツーだな、ということで片付いてしまった。

第2回 東京インタラクティブ・アド・アワード2004の受賞者を見ても、
flashを使った広告が非常に多い。
これからのweb広告はflashを使ってどんな新しい仕組みのモノを創り出せるか
が課題といったところか。

受賞作品の大多数の広告会社名が、”電通”や”博報堂”。
第3回のアド・アワードではこの2社以外の企業名がどれほど出てくるか。
この賞に関してはアイデア勝負なんですからもっと無名の会社が制作しても
イイはず・・・ですよね。

水曜日, 4月 21, 2004

企画脳はある?!

広告代理店といえば、クライアントのニーズにピタリとあった提案をしてくるもの。
但し、その提案はかなり当たり障りが無くクライアントの業種や担当者の
好みにあったものをいくつかピックアップしてくる。

私が考える、よくある広告代理店の
<ルールその1>
手間のかからない媒体を提案する
 →ターゲティングDMなら検索数が多くでるDE-mail、
  ポータルのボタンやバッジはyahooだとくじになる可能性が高いので
  yahoo以外。 

<ルールその2>
一度に提案書は3案以上持ってくる
 →さすがにクライアントも全部ボツとは言いにくい。

<ルールその3>
クライアントの言葉を信じ過ぎる
 →以前出稿した媒体の成績を聞かれて瞬時に正確な数字を覚えている担当者は
  少ない。また、結果は日々変化するので頻繁な効果測定が必要。測定結果は
  大抵社外秘なので見せられない。数字を全て暗記していられる人は少ないはず。
  回答は「まあまあ○」や「イマイチ×」と言う言葉をその時の気分で使う  
 (私だけ?)営業マンはメモってその一言を頼りに似たような媒体を懲りずに
  探し始める。

毎回同じ訴求内容で提案してくる代理店も考えものだが、あるひとつの
媒体にのみ特化した代理店というのもある。
サイバーエージェントのグループ企業のCA Search
Overtureとadwordsだけを扱う広告代理店。
PPC広告の場合、クリック単価×クリック数と、管理画面使用料金だけの
単純な料金システムで成り立っている。
これ以上お金を取る事が出来ない中でCA Searchはキーワードや説明文の
コンサルやキーワード管理までしてくれる、いわばPPC広告のスペシャリスト
というわけ。

・・・というか、100や200もキーワードを買っているなら仕方ないけど、
30位のキーワードでコンサルやキーワード管理をクライアントの担当者が
ちゃんと管理できないくらいなら、いっその事出稿しない方がいいんじゃないの?!
なんて思ったりもする。

土曜日, 4月 17, 2004

MSNの人気 急 降 下 中

4月5日のMSN.co.jpのサイトリニューアル後、アクセス数がかなりの勢いで下がっている。
辞書検索が追加される等、検索ポータルとしては機能が上がったに違いないのに。

MSNはyahooに比べ、比較的初心者ユーザーが集まっているという評価で初歩レベル
のインターネットユーザーやPCユーザーを取り込みたい企業がタイアップや広告を
出す事で人気が高かった。早いうちにユーザーを取り戻さないとMSNの
広告収入に問題が出てきそうな気配。
私もMSNから勤務先のwebサイトへフ効果的な誘導について、ある程度考えていたので
白紙に戻そうかと考え中。

どれくらいアクセスが下がったかと言うと。。
amazon.comが提供しているAlexaMSN Trafficデータをチェックしてみて下さい。
Alexaはツールバーをインストールするとトラフィックだけでなく様々なデータを
見る事ができますが、単に自社webサイトのランクを見るため or 競合他社との
アクセス比較にしか使わないのなら、その使用方法は間違いです。 
ましてやこのデータがどのように計測されているかを全く考えないで、過信し
過ぎる人は問題外です。

水曜日, 4月 14, 2004

気になる書籍

"Advanced email Marketing"
Eメールマーケティングで有名なジム スターン氏の最新著作とのこと。
ただし、国内では売ってないようなので米国amazonで買うしかありません。。
ということで、共同購入者を募集します。
購入を希望される方は声かけてください。

日曜日, 4月 11, 2004

Search Engine Strategies 2004

Googleから新しい発表もあるそうです。4/20はSearch Engine Strategiesへ。

火曜日, 4月 06, 2004

Googleは全能?

先日、googleが発表したGメール(Gmail)。保存容量1GB、ポップアップ
広告無し、バナー広告無し。受信メールをスキャンして関連広告(adwords)を提供。
Yahooの検索結果にovertureと50%/50%で表示されていたadwordsもいまや
20%くらいしか露出しなくなってYahooではおおっぴらにovertureの宣伝が
掲載されるし、MSNのオリジナル検索エンジンも出来てきたし
googleももう終わりかな〜〜〜と思った矢先にこんな新製品をリリースするとは・・
やっぱり恐るべしgoogle。

ただ、”メールをスキャンして関連adwordsを掲載する”というサービスには
賛同できない意見が多い。米グーグルの無料ウェブメールにプライバシーの懸念
当blogでもページ上部にads by gooleと出ているように、blogの
テキストデータをスキャンして関連広告を表示させている。
スキャンはしているがgoogleデータベースに登録はされていない。
(試しに当blogのurlをgoogleで検索してみてください。ヒットしないから..
 他サイトからリンクをもらえればきっとデータベースに登録されるでしょうけど)

これと同様の仕組みでメールをスキャンすると言っているので
恐らくはデータベースにメール情報が組み込まれることは無いと思われるが
blogと違ってメールはプライベートなことを書く手紙や電話と同等のモノ。
じゃあ
 郵送の手紙をスキャンしており込みチラシを入れてもいいのか?!
 電話を盗聴して営業マンが関連商品を売り込む為に割り込んでもいいのか?!
ってことになる。
やはりこのサービスは定着しないかな。。

googleといえば、最近検索アルゴリズムを悪用してイタズラを
してる人がいるそうです。
miserable failure と検索してみてください。
すると、ブッシュ大統領の経歴を示したホワイトハウスのページがトップ表示
されるはずです。(4/6現在)
miserable failure・・・「惨めな失敗」。
なんて意地悪なイタズラなんでしょうね。これをやったエンジニアはお茶目すぎます。

Gmailサービスはまだごく一部のユーザがテストしている段階で
一般ユーザーは登録出来ません。
次のgoogleツールバーがリリースされる頃には、ちゃっかりGメールマークが
最新ツールバーに入っていることでしょう。。
MSNの最新ツールバーにMSN Hotmail や
MSN Messenger が入っているようにね。