土曜日, 5月 22, 2004

色 いろ イロ

京都国立近代美術館で開催されている
「COLORS ファッションと色彩」展
17世紀から現代までの洋服を五つの主題色に分けて展示し、色とファッションの密接な関係を改めて検証し、今後の可能性を探る試みで「黒」「マルチカラー」「青」「赤・黄」「白」を主題色としている。

色のもつ意味・・・
だいぶ前に見た映画「英雄(ヒーロー)」を思い出した。
ジェット・リーが主演した中国の刺客の話だが、ストーリーのうちのある1部分を何通りにもして再現してみせる場面がある。
どうやって分けているかというと、各ストーリーに出てくる出演者の服の色。
例えば、赤・青・白。1つのストーリーを除いて2つはウソ。
 (答えは何色でしょう?)

色の持つイメージをストーリーに繋げる・・・
ちなみに、音楽と色彩で魅せる映画を撮ろうとしたとき、衣装デザイナーに選ばれたのは日本人のワダエミ氏

リアルな世界ではもっと色は重要です。

webの世界でも色はかなり重要です。

火曜日, 5月 18, 2004

google fight

google fightは2つのキーワードを競争させることができます。
基本は英語ですが、日本語のローマ字でも使えます。
”まるで新しいおもちゃを与えられた子供のよう”
にウキウキとこのツールで楽しんでいる同僚を横目に、ついツールの構造を考えて3分で飽きてしまった私。

例えば、
”CGを使った映画の本編は楽しみだけど、そのメイキング秘話の方が興味がある” 人はgoogle fightに飽きるのに5分とかからないでしょう。。

そういえばうちの子供もヒーロー映画本編と映像特典のメイキングは同じ位気に入っているらしい。

流行にかかる時間

とあるコンサルティング企業の分析では、
"東海岸で流行(成功)しているものは5年以内に60%のものが日本に上陸し、
西海岸で流行(成功)しているものは3年以内に100%のものが
日本に上陸すると見ている。"

ここでいう”西海岸”はシリコンバレー辺りも含んでいるなら3年どころか半年以内じゃないか?
例えば・・・ここ半年で爆発的に増えた日本のweblog。
アメリカではいつ頃から始まったのか?
hotwiredによると
公開された記事は2000年2月のもの。
やっぱり3年はかかるのか。。
さらに、和製blogツールが出るまでは3年から4年はかかる。

アメリカのweblogの次のブームは何か???
幸いアメリカまで行かなくてもネットで動きが分かるのがIT系の良いところ。
さあ、探してみよう!!

金曜日, 5月 07, 2004

15年計画

GMO(グローバルメディアオンライン株式会社)の代表取締役会長兼社長の
書いた一冊の手帳で夢は必ずかなうで、「夢手帳」「行動手帳」「思考手帳」の
3冊のバイブルサイズの手帳を常に携帯することを薦めている。
あれだけITにどっぷり浸って「すべての人にインターネット」を唱える人が、
手帳は断然アナログが良いと言う。

バブリーな人と言うイメージと、2chでも散々な言われようだから
どこぞのお金持ちの2代目で趣味で会社をやっているかと誤解していた。
ところが高校中退・21歳で妻子持ち・朝から晩まで父の仕事を手伝う
苦しい毎日。このままじゃいけないとやりたいことを手帳に書き始めた。
15年計画で「35歳までに自分の会社を設立し、上場させる」と書いた。
実際に35歳の誕生日の1ヵ月後、その夢を実現。GMOを設立し、現在東証2部に上場。


さて。
私の15年後の目標は何にしようか。


熊谷氏のblogを見ていたら・・・
お祖父さんは元衆議院議員、原敬がお祖父さんの仲人だったらしい。
ということは、やっぱりお坊ちゃんにはかわりない?!