月曜日, 11月 29, 2004

あこがれ

yahoo!きっずで「あこがれのお仕事特集2004」というのを見つけた。
今日現在で1位は保育士・教師。そして医師・看護師、タレント、声優、まんが家、デザイナー と続く。
選択肢の中に女の子向けの職業が少ない気がするけど、子供が夢見る職業ってこんなもんだったっけ?

我が家のプリンスは大きくなったら「お月様」になりたいらしい(笑)それって月に行く様な宇宙飛行士になりたいってこと???
4歳で「宇宙飛行士になりたい」なんて言ったら、逆に何か問題がある気もするけど・・・

金曜日, 11月 26, 2004

「勝利の女神は、謙虚と笑いを好む」

その意味を知りたくてこの本を買いに近所の本屋へ行った。どうせ無いだろうと思い、取り寄せのお願いをしようと店員さんに声をかけると、「お取り寄せは1ヶ月くらいかかります」とのこと。
他所で買えという意味らしい。

雑誌ならコンビニで買えるし、書籍はネットで仕事中に注文できる。
町の小さな本屋は、立ち読み専門店か待ち合わせ専門店ってとこか。

もう二度とこの本屋では何も買わない。


・・・さて。自分の専門って何だろう? 

月曜日, 11月 22, 2004

実物のチカラ

週末、地下鉄の通路を歩いていて驚いた。
プレステが駅張り広告にくっついていて、しかも警備員まで立っている。
単に壁に貼ってある広告なのに、実機を見て、触れる(ごく一部だけど)と、ついつい近寄ってみてしまう(笑)

実物の広告力は強い。

変化 させる意味は?

以前の会社でお世話になった方は「変化」する/させるのが好きだ。ソノ方が代表を務めていた会社はほぼ年に1回社名を変え続けた。(変えざるを得ない状況ではあったが)。オフィスの引越しも何かと理由をつけては行われ、さらに社内のレイアウト変更などは半年に1回はやっていた気がする。
その度にPCを運んだり、床下のケーブルをやり直したり、内線表がわけわかんなくなったり。

起業から4年間、代表を務めた後、会社を去ってから新しい事業を立ち上げ、成功をとげていらっしゃるが3年目にしてまたもや社名が変わっている。
・・・イイ兆候ならいいんですけどね。


金曜日, 11月 19, 2004

初心者大歓迎! なポータル

最近はexciteのトップページで見られるようなFloating AD(フローティング広告)をよく見かけるようになった。
例>doveAIRTREK

exciteの様なF1・M1層というPCに慣れた感のある世代を対象にしているサイトだからこそ、こういった面白いクリエイティブに「抵抗が無い」と感じているようだが、コドモからお年寄りまで幅広い層が使うyahooのトップにはありえない話。yahooほど各ページのソースがちゃちい(?)シンプルなページは他のポータルにはありえない。

2004年10月現在、yahooへの1日あたりのアクセスが10億ページビューを達成した。4年前の2000年の時点で1億ページビューを達成したというのだから、4年で10倍。1日のうち、仕事しながら、お茶を飲みながら、お酒を飲みながらyahooに何度もアクセスしたとしても、やはりこのリーチ数は他のポータルには真似ができない。
yahooが言う、第二のトップページの威力もまだまだアクセスが期待できそうだし。

・・一度、yahooトップページのブランドパネル広告(yahooロゴの右ナナメ下のバナー)を1週間ベタ張りで出稿してみたいなぁ。この場所は、ブランドパネルと言うだけあって、ユーザーがすぐにクリックする率はたいしたことがないが、ユーザーへのブランドネームの刷り込みに威力を発揮する。出稿後はyahooの検索窓に企業名を入れる検索数が跳ね上がり、定期的に出稿することによって自社webサイトのアクセス数も倍増していく・・・らしい。


当分、今のところじゃ出稿は無理そうだな。アイフル、dell、hpあたりに転職でもしないと・・・(笑)

火曜日, 11月 16, 2004

Seeing is believing

ランチ時、「埼玉県には海がない」という話になった。別に海が無くても埼玉県民は海を知っている。電車でも車でも数時間で海に行けるから。近所に海が無くても何の不便も無い程日本は小さく、抜群の交通手段の整備としっかりした流通経路の維持により新鮮な海の幸をどこでも美味しくいただくことも出来る。


世界には「海」を知らない人たちが多い。例えば、ウズベキスタンは四方を陸に囲まれ2国以上を通らないと海に行かれない。国民の殆どが”海”を知らないと言う。知らない/見たことが無い人にリアルな海を口頭で説明するのはとても難しい。

なんてこと無いことだけれど、ビジネスも同じ。聞いたことはあるけれど見たことがない、そういう人に口頭で説明するのは難しいし、そんな商品を買ってもらえるはずもない。
やはり、実際使ってもらう・体験してもらうことが一番手っ取り早い・・・んだな、と改めて納得。

月曜日, 11月 15, 2004

流行語大賞

毎年、年末恒例の流行語大賞。
今年はオリンピックがあったせいもあってそれにまつわるワードが多くノミネートされている。

私のというか、web上では断然「BLOG」か、「RSS」なんですけど。
とかく ”BLOGで出来ること” や ”ビジネスでのblogの運用” ”RSSはDMに取って代わるか?!” などと毎日のようにweb上では見かけるけれど世間一般的にはまだまだ浸透していないらしい。

でもなんで今年から「ユーキャン流行語大賞」になったんだろう???

>>ユーキャン
>>すべての人に知る、学ぶ、喜びを(ユーキャンによる流行語大賞共催宣言)

木曜日, 11月 11, 2004

「オトコらしさ、って何?」

先週のR25の表紙で目を引いた言葉。
 ”リーダーシップ”
 ”表現力”
 ”決断力” 
私が直感的に思いついたオトコらしさはこの3つ。

iPODで読めるようになった聖書でオトコらしさについての記述を探してみたら
男は、怒ったり言い争ったりすることなく、
 どこででもきよい手を上げて祈るようにしなさい
。」
      -新約聖書 テモテへの手紙 第一 2章8節
だそうな。冷静沈着・思慮深さ がオトコらしさってことでしょうか?

ちなみに、オンナらしさは・・何も思いつきません・・・

水曜日, 11月 10, 2004

どっちが大事?

1951年、アメリカ視察から帰国した松下幸之助は、羽田空港に降り立った瞬間、「これからはデザインやで」と叫んだと言われている。それから50余年、必死でモノ作りの技術を磨き、世界中にメイド・イン・ジャパンの製品を広めてきた日本の各メーカーが、今、再びデザインに注目し始めている。

何かの本でそれを顕著に表している記事をちょっと前に読んだ。
・・家の掃除機が壊れたから新しいものを探していると若い男性社員が年配の上司に世間話をした。上司は「掃除機といえば、○○電気だな」と、某メーカーの名前を出した。高機能だしお手ごろ価格。だけど部下は海外のおしゃれなちょっと高い掃除機を買おうかと思っていると言う。上司にはなぜそれを選ぶのか、理解できなかった。部下の答えは「その掃除機を所有している自分が好き」。

少し女性っぽい返答だなとそのときは思ったけれど、今のF1・M1世代は男だから女だからという壁を越えたジェンダーフリーな思考をする人が多い。メーカーの「デザイン重視」の姿勢はかなり楽しみだったりして。

・・・それにしても、50年も先の今を見据えた考え方を持っていた松下幸之助ってすごいヒト!!

月曜日, 11月 01, 2004

Only ONE

以前、”dream”の時に登場した雑誌25ansのコラム。山本高史氏の最後のコトバンサンカンは”ジュエリー”だった。祖母から母、自分へ伝わる、ジュエリーに纏わるお話。

私にも祖母→母→私 と3代に渡る指輪が1つだけある。母の持っているアクセサリー類は殆どが誂え品で個性的なモノが殆ど。アラブのお姫様かっていう位ゴツイ作りだったり、父がデザインして作らせたモノなんかは母以外の人にはその形がどんな意味を持つのか、ぱっと見ではわからないようなものばかり。10年前に、その中から見つけた、私にも使えそうなピジョンブラッドのルビーの指輪。

クリスマス商戦が始まったデパートには多種多様な流行アクセサリー類が並ぶ。でも3代目の私の指輪と比べたらたいしたこと無いな・・・なんて思ったり。
カスタムメイドのモノって、簡単に既成のものに取って代わることはないと思う。これはスタバのコーヒー1杯でも指輪1つでもパソコン1台でも同じ。ということは、やっぱりdellのBTOというビジネス・モデルが支持されていく事にも何の疑問も無い。
そもそも、dellの経営陣はIT企業には珍しく、コンサル出身者が多いと聞く。
理系頭だけじゃいい製品は出来ても、顧客のニーズの核心に迫った販売戦略は難しいかな(笑)