水曜日, 3月 02, 2005

「働き方スパイラル」

≪仕事の重要性を理解する→仕事に対してやる気が出てくる→「誠意」を持って仕事に取り組むようになる→より良い仕事をしようとする→「創意」が生まれ仕事の仕方を工夫しようとする→仕事がおもしろくなる→良い結果が出る→高く評価され達成感を感じる≫

「人は、仕事がおもしろくなかったら一所懸命、働きませんよ」という現社長 町田氏。確かに。年功序列制度のカイシャ生活を楽しんでいた世代ならともかく、今の社会人にはその言葉がピッタリ。
まずは自分の仕事の重要性を認識しよう。この際、「給料が低いから」とか「どうせ結果が出ないから」、「上司につぶされるから」なんて言い訳はナシ。

詳しくはシャープの謎で。