火曜日, 5月 24, 2005

ECサイト選び

業務で楽天のECセミナーへ参加。楽天の集客力の凄さ、システム・ノウハウの充実さを満喫。セミナー後にはわずか5分とはいえ、教育されたお行儀の良い(笑)営業担当者とのカウンセリングで疑問点を解決してきた。
確かに商品数が多いだけにアクセス数も売上高も順調なのだろうけれど、自社のモノがモノなだけに、少しは売れるのだろうけれど、手間をかけた分だけ売れるのか・・・少し不安。やってみなければわからないのがこういうサイトの面白いところだけれど他部署を巻き込む分、メンドウなことになるから厄介だ。。。。

商品数の多さを武器にするECサイトに対し、今日、ストーリーから商品を売るというサイトを見つけた。
オールアバウト スタイルストアはリクルートが得意とするストーリーでモノを売るという新しい切り口のECサイト。コラム立てなので一気に作れる数に限りはあるかもしれないし、膨大な数を売るつもりはないのかもしれないが、セレクトショップを好むM1/F1層には確実にウケること間違いなし!

金曜日, 5月 20, 2005

本の虫さんへ

THESE(テーゼ)は図書館であり、お酒・お茶・カレーが食べれるライブラリーラウンジ。席の予約も出来ます。
本来、飲食店ならならいかに客の回転率を上げるか、クロスセリング等で1人あたりの単価をどこまで上げるかが収益を大きく左右しているはず。それを、3000冊にも及ぶ本を用意しとにかくノンビリできることを売りにしているなんて、面白くないですか?!

六本木ヒルズのライブラリーコミュニティメンバーより、面白そうかも・・

金曜日, 5月 13, 2005

2007年問題

1960年代後半の学生運動の中心世代で方々で”革命”をおこし、就職すれば入社早々オイルショック、会社人よろしくプライベートを犠牲にして働けば中年期にバブル崩壊を経験・・・の現リストラ世代が2007年?2010年頃に定年になる、2007年問題

確かにベテランが居なくなるのは企業にとって痛手だろうケド、そんな心配してないで、2005年の時点で既に80万人以上にも膨らんだNEETをきちんと育てて労働力化することに専念した方がいいんじゃないかと。
ってことはなんとかして育ったNEETが仕事のミスマッチを起こさないようにコンサルをしてあげる人材紹介会社にとっては、これは絶好のチャンス??

やはり、教育関連機関は「産学協同」色をもっと強めていくのかな。。

火曜日, 5月 10, 2005

どっち?

”「教えていただきたいんですけど、ここからどっちへ行けばいいの」

 「それは、君がどこへ行きたいかでほぼ決まるな」と

 その猫は言った。 ”

不思議の国のアリスでのアリスとチェシャ猫との会話。
どこに行きたいのか・・・? とりあえず次になにをしなきゃいけないのか決めないとどっちに行くにも先へは進めませんね。

会社のPCの上にあるローソン限定おまけのチェシャ猫を見てるとそんな会話が聞こえてきたりして。

月曜日, 5月 02, 2005

書店開設

愛読書など売ってみます。four_Ds Books