水曜日, 7月 13, 2005

ゆっくりと蝕む

カエルを熱いお湯のなかに入れると直ぐに飛び跳ねて逃げてしまいますが、ぬるま湯から徐々に温めると逃げ出すきっかけを失い、最後にはゆでダコならぬ、ゆでカエルになってしまうのだとか。

そろそろ本気で見切りをつけたい、今日このごろ。